太極剣の基本姿勢と動作 弓歩(ゴンブー)   



太極拳の基本姿勢 目次に戻る    トップページに戻る▶️

弓歩(ゴンブー)

 弓歩は攻撃動作の歩型です

両脚を前後に開き、前の脚のひざを曲げ、足先を前に向けます。

●うしろ脚は自然に伸ばして、ひざを緩めた形です。

うしろ足つま先は、斜め45度くらい開きます。足裏が床から浮かないように注意します。

前後の足の間隔は、足が5個分の幅で開き両足の横の間隔は10~30cmです。

前足のつま先は少し内側に向けます。

●ひざとつま先とを結ぶと垂直となり、ひざがつま先より前に出ないようにします。

●腰を伸ばしまっすぐ前に向け、上体を起こして胸を張ります。

 

 

 

気をつけるべき間違い

   ▲両足を一直線上に置く歩形。   

       ▲両足を広げすぎる歩形。  

   ▲後ろ足を45度以上に開きすぎる歩形。

   ▲前足に加重がかかり、ひざがつま先より前に出る歩形。  

   ▲後ろ足のひざが折れ曲がっている歩形。