入門太極拳

 5.野馬分ゾン 
 (イエマーフェンゾン)

ポイント

■抱掌(パオジャン)=両腕でボールを抱えるような動作と、

 弓歩(ゴンブー)=両足を前後に開く歩型です。


 

 次は連続静止画像 による詳しい解説です

5.野馬分ゾン  (イエマーフェンゾン) その1

 

 (1 回 目)   

 

体を右に回し、右手を下から上に時計と反対回りに大きく弧を描く  ように開きつつ、体重を右足に乗せていきます。   

 

右の手のひらは徐々に下に向けます。   

 

左手は体の前を左から右に弧を描き右手の真下に持ってきます。  

 

肩やひじは力を抜いて沈めた感じです。

 

5.野馬分ゾン  (イエマーフェンゾン) その2

 

 

同  上

 

 

 

 

 

 

 

5.野馬分ゾン  (イエマーフェンゾン) その3

 

同  上

 

 

 

 

 

 

5.野馬分ゾン  (イエマーフェンゾン) その4

 

左足を右足に寄せて 足先を軽く着地させます。

 

腰を少し左にまわしながら 左足を左斜め前方に出してかかとから

着地します。

 

この時 両方の手のひらで右の胸の前にボールを抱える抱掌(パオジャン)の形を作ります

 

体重を左足にゆっくり移動して体重を右左の足に均衡に乗せます。

 

5.野馬分ゾン  (イエマーフェンゾン) その5

 

腰をわずかに左に回し両手のひらの距離を縮め始めます。

 

両手のひらが接近し抱えたボールを上下から圧迫していく感じです。 

 

 

5.野馬分ゾン  (イエマーフェンゾン) その6

 

 同  上

 

 

 

 

 

 

 

5.野馬分ゾン  (イエマーフェンゾン) その7

 

 同  上

 

 

 

 

 

 

5.野馬分ゾン  (イエマーフェンゾン) その8

 

左手を顔の前に上げ、手の平を目の高さまで差し上げ、

手の平を斜め上に。

 

右手の平は上から下へと体の脇、腰の高さまで引き降ろします。

 

右足のつま先を軸にかかとを外側に回し 右足を後ろに伸ばして、

左弓歩(ズオ ゴンブー)の形をとります。

 

5.野馬分ゾン  (イエマーフェンゾン) その9

 

左弓歩(ズオ ゴンブー)です。