連続静止画による解説 24式太極拳

4.左右ロー膝拗歩(ズオヨウ ロ-シーアォブ–)

解説は(社)日本武術太極拳連盟の「太極拳実技テキスト」に拠ります

<画像と解説とが異なる場合には解説が優先します>


 

(1回目)

 

体を少し左に回し、右手は顔の前に下ろし、左手は自然にゆるめます。

体を右に回し、

 

左足を右足の内側に寄せます。

右手を下ろし、右股関節の横を通って、右後方上に弧を描いて、肩の高さまで上げ、掌心を斜め上に向けます。

左手は上に上げ、右に弧を描いて顔の前を通り、胸前から腹前に達します。

 

掌心を斜め下に向けます。

次の画像も参照

 

 

同 上

 

 

体を少し左に回します。

左足かかとを左前方に着地させます。

右腕を曲げ、右手を耳横に近づけて、親指を斜め上に向けます。

左手は腹前に下ろし、掌心を斜め下に向けます。

 

 

体を少し左に回しながら、前方に向けます。

左足先を着地させ、右足を蹴り伸ばし、左弓歩となります。

右手を前に、手首をゆるめて沈めながら押し出し、掌心を前に向けます。指先は目の高さ。

左手は左膝の前を払い、左大腿部の外側を押さえ、掌心を下に向け、指先を前方に向けます。

 

 

(2回目)

重心を右足に移動しつつ、体をわずかに左に回します。

左足のつま先を上げて、外側に約45°〜60°に開きます。

両腕を自然に緩め、両手は外旋します。目は右手を見ます。

重心を左足に移動し、体をさらに左に回します。

左足のつま先を下ろし、足の裏全体で着地します。 

右足のかかとを上げ、続いて右足を左足の内側に寄せ、右足かかとを右前に着地します。

右手は左方向に弧を描いて、手のひらを胸前で斜め下。

左手は左大腿部の外側から左後方、そして上方へと弧を描き、肩の高さに達します。

 

掌心は斜め上に向けます。目は左手を見ます。

 

同 上

体を少し右に回します。

右足かかとを右前方に着地させます。

左腕を曲げ、左手耳横に近づけ、親指を斜め上に向けます。

右手は腹前に下ろし、掌心を斜め下に向けます。

 

視線を右に移していきます。

 体を少し右に回しながら、前方に向けます。

右足先を着地させ、左足を蹴り伸ばし、右弓歩となります。

左手を前に、手首をゆるめて沈めながら押し出し、掌心を前に向けます。指先は目の高さ。

右手は右膝の前を払い、右大腿部の外側を押さえ、掌心を下に向け、指先を前方に向けます。

 

 

 (3回目)省 略

24式:定式4の動画に戻ります▶️   連続静止画24式太極拳:目次▶️   トップページ▶️