24式太極拳:

定式3:白鶴亮翅(バイフーリャンチ)


連続静止画像による解説

 

解説は(社)日本武術太極拳連盟の「太極拳実技テキストを参考にしています

<画像と解説とが異なる場合には解説が優先します>

 ⇨連続静止画像目次に戻る     トップページに戻る▶️

24式太極拳:3.白鶴亮翅 その1

重心を左足に移します。

 

体も少し左に回します。

24式太極拳:3.白鶴亮翅 その2

右足のかかとを上げてから、右足を半歩前に移動します。

右足つま先を着地します。

 

左手は左胸の前、ひじを若干下げて、手のひらは下に向けます。

 

右手は体の前を通り左下方に弧を描きます。

手のひらを上に向けて、ボールを抱えた形に。 

目は左手を見ます。

24式太極拳:3.白鶴亮翅 その3

重心を左足から右足に移します。同時に体も右に回します。

右足のかかとを着地します。つま先は外側に向けます。

左手は右手首の内側に寄せます。手のひらは外側。

 

目は右手を見ます。

24式太極拳:3.白鶴亮翅 その4

左足のかかとを上げます。

 

右手は右胸前に、手のひらは内側です。

24式太極拳:3.白鶴亮翅 その5

体を左に回します。

左足のつま先を少し前に移つし、つま先を着地して左虚歩の形になります。

両腕は分け開きます。右手のひらは右の額の前に向けます。

左手は左の腰の脇に手のひらを下にします。

指先は前方に。

目は前方を見ます。