24式太極拳

定式1:起勢(チーシー)

定式2:左右野馬分ゾン

(ズオ ヨウ イエマフェンゾン)


続いて連続静止画像と詳しい解説です 

 

解説は(社)日本武術太極拳連盟の「太極拳実技テキスト」を参照しています

<画像と解説とが異なる場合には解説が優先します>  

 ⇨連続静止画像目次に戻る     トップページに戻る▶️

24式太極拳ー定式2:左右野馬分ゾン その1

24式定式1は省略します

24式−定式1から定式ー2へ進みます

24式太極拳ー定式2:左右野馬分ゾン その2

(1回目)

重心を右足に移しボールを抱えながら左足は右足に寄せます。

少し体を右に回します。

 

左足は右足内側に寄せます。右手を弧を描くように胸前に。

ひじを下げ、手のひらは下に。

 左手は体の前を通って弧を描いて右下に。

 右手の下に、 左手の手のひらを上に向けてボールを抱えます

 

24式太極拳ー定式2:左右野馬分ゾン その3

体を少し左に回しながら、左足をかかとから左斜め前に大きく踏み出します。

 

両腕を分け開き、目は右手前方です。

 

 

 

 

トップページ⇒

24式太極拳ー定式2:左右野馬分ゾン その4

 

体をさらに左に回します。左つま先から着地します。

右脚を蹴るように伸ばします。左弓歩(ズオゴンブー)です。

 

左手を顔前に引き上げます。手の平は斜め上です。

右手は右股関節横に引き下げて、

 

手のひらは下、指先は前方です。

24式太極拳ー定式2:左右野馬分ゾン その5

(2回目)

重心を右足に乗せます。体はやや左に回します。

 

左つま足は上げて、外側約45°〜60°に開きます。

 

両腕は自然に緩め、目は左手を見ます。

24式太極拳ー定式2:左右野馬分ゾン その6

左足に重心を移します。体はさらに左に回します。

左足裏のすべてを着地させます。

 

右足のかかとを上げます。そして左足の内側に寄せます。

 

24式太極拳ー定式2:左右野馬分ゾン その7

左手を弧を描くように胸前に上げます。

左ひじを下げ、左手のひらは下にむけます。

 

 右手は体の前を通って弧を描いて左手の下にします。

掌心を上に向けて、ボールを抱える形にします。

24式太極拳ー定式2:左右野馬分ゾン その8

体を右に回し、両腕を分け開き始めます。

 

右足のかかとを右前方に着地します。

24式太極拳ー定式2:左右野馬分ゾン その9

さらに体を右に回し、右足先を着地します。

左脚を後方に伸ばしかかとを蹴り出します。

右弓歩となります。

 

右手を顔の前にあげます。掌心は斜め上にあげます。

 

左手は左股関節の横に下ろします。

掌心を下に向けて、指先は前方に向けます。

 

(3回目:省 略)

 

スローモーション・ビデオ

動作は半分の速さです 細部を観察してみましょう