◆24式太極拳:4.左右ロー膝拗歩(ズオヨウロ-シアオブ)

スロービデオがお勧めです ⇒ 再生中に画面右下の設定ボタンで速さを0.5に選択し、

右端の全画面ボタンで拡大します

 

スマホ・アイパッドなどモバイルにも対応しています。【https://www.t121w.com】または【動画太極拳入門24式】で検索

                                             トップページ<目次>に戻る➡︎

**注意事項**を追加しました⬇️このページの一番最後にあります  24式太極拳の目次に戻る➡   

 

トップページに戻る


 

 

回目

1.右手は顔の前、左手は自然に緩めます。

2.体を右に回し、右手を顔の前にいったん下ろして、

3.右股関節の横から右後方の上方に弧を描き、肩の高さに達します。 手のひらは斜め上に。

4.左手は上に右に弧を描いて顔面前を通って、胸前に。手のひらは斜め下。目は右手を見ます。

5.左足を右足の内側に寄せます。

6.体をわずかに左に回し、左足かかとは左前に着地します。

7.右腕を曲げて右手を耳の横に近づけます

8.親指は斜め上。左手は腹前に降ろします。手のひらは斜め下、目は左に移していきます。

9.体はわずかに左に回しながら前方に向け、左足つま先を着地し、右脚を伸ばします。左弓歩です。

10.右手の手首を緩め、沈めながら前に押し出し、手のひらは前に。

11.指先は目の高さに。左手は左ひざの前を払い、左太ももの外側を押さえます。

12.手のひらは下に、指先は前方。目も前方を見ます。

2回目

13.重心を右足に移動しつつ、体をわずかに左に回します。左足のつま先を上げ、外側に開きます。

14.両腕を自然に緩めます。目は右手を見ます。

15.重心を左足に移動し、体をさらに左に回します。左足のつま先を下ろし、足の裏全体で着地します。

16.右足のかかとを上げて、右足を左足の内側に寄せ、右足かかとを右前に着地します。

17.右手は左方向に弧を描いて、手のひらを腹前から右太ももの外側を抑えます。

18.左手は左太ももの脇から左後方、そして上方へと弧を描き、肩の高さに達します。

19.手のひらは斜め上に、目は左手を見ます。<右弓歩>

3回目

7.~12.の動作を繰り返しますが、左右が反対の動作になります。

13.~19と同じ動作ですが、左右が反対の動作です

**注意事項**  <太極拳実技テキストより抜粋 一部省略>                       24式太極拳の目次に戻る➡ 

24式太極拳:4.左右ロー膝拗歩(ズオヨウロ-シアオブ)の1回目

 

1.右手を顔の前に下ろした時、右手を見る。腕だけの動きにならないように注意。

2.腰を左に回す動きにつられて、顔を左に回してしまうのは誤り。

3.顔は正面に向けた状態を保ち、目はまっすぐ右手を見る。

4.右肩を前に突き出しすぎると「中正」を失うので注意。「中正」とは上体を自然で端正な状態、偏りの無い状態に保つことであり、スムーズに動くことを目指す。

5.次に体を右に回すが、今度は右股関節をゆるめて沈めること。このことを心がけておかないと、腰を軸とした太極拳ができない。

6.上記1〜5では足は動いていないが、腰を回すことに注意する(臀部を振らない)。腰を回さないで、単に両手を回すと左手が体の左に外れ、右手が左胸前にずれ込み、右腋の下に間隔が無くなるので注意。

7.右手を肩の高さまで上げるときは、腰を回しながら、右肩➡︎右肘➡︎右手の順に動かす。

8.右手が肩の高さまで上がってきた時に、腰を十分に回して、顔が右手に対して真正面に向くようにする。腰の回し方が不十分だと右手を横目で見ることになるので注意。

9.左腕は肘をあげず、右腋下に間隔を保つこと。

10.左膝はゆるめて、前に向けておく。体が右に回るのにつられて、右にまわして両膝を閉じてしまわないこと。

11.左足を前に出す時には、上体を傾けない。左足の着地は軽く、着地した時に、腰・股関節をゆるめ、左膝と左足首をゆるめないと、上体が緊張したり傾き、また次の弓歩<ゴンブー>の動作がスムーズに行えないことになるので注意。

12.両肘とも上がりやすいので、上げないように注意。左手は胸前から必ず腹前まで下ろす。左腋下に間隔を保つ。

 

**注意事項**<太極拳実技テキストより 一部省略>                    24式太極拳の目次に戻る➡ 

24式太極拳:4.左右ロー膝拗歩(ズオヨウロ-シアオブ)の1回目