◆24式太極拳:3.白鶴亮翅 (バイフーリャンチ)

 

スマホ・アイパッドなどモバイルにも対応しています。【https://www.t121w.com】または【動画太極拳入門24式】で検索

スロービデオがお勧めです ⇒ 再生中に画面右下の設定ボタンで速さを0.5に選択し、

右端の全画面ボタンで拡大します

**注意事項**を追加しました⬇️このページの一番最後にあります トップページ<目次>に戻る➡︎   

24式太極拳の目次に戻る

トップページに戻る

 

1.重心を左足に移しつつ、体もわずかに左に回します。


2.右足のかかとを上げてから、右足を半歩前に移動し、右足つま先を着地します。

3.左手は左胸の前に、ひじを若干下げて、手のひらは下に向けます。

4.右手は体の前を通りながら左下に弧を描いて手のひらを上に向けて、ボールを左手と抱えた形に。

5.目は左手を見ます。

 6.重心を左足から右足に移しながら、体も右に回します。

7.右足のかかとを着地して、つま先を外側に向けます。

8.左手は右手首の内側に寄せて、手のひらは外側。 目は右手を見ます。

9.左足のかかとを上げます。右手は右胸前、手のひらは内側です。

10.体を左に回します。左足つま先を少し前に移動し、つま先を着地して左虚歩となります。

11.両腕は分け開いて、右手のひらを右の額の前に向け、左手は左の腰の脇で手のひらを下に、指先は前方に。目は前方を見ます。

 1.画面中央のスタートボタンをクリック

 2.画面右下の黒い部分に、三つの表示を確認

 3.左側の「設定」が再生スピードの選択と画質調整のボタン

 4.真ん中は、YOUTUBEへの切り替えボタン⇨触れないでください 

 5.右側が全画面切り

**注意事項**<太極拳実技テキストより 一部省略>

24式太極拳:定式3ー白鶴亮翅 (バイフーリャンチ)

 

1.重心を左足に移しながら、上体を前傾したり、浮かせたりしない。

2.上体を左に回した時に、右のかかとは同時に上がるのであり、着地したままにしない。

3.必ず体を左に回すのにあわせて、右足を引き寄せる。回さないで寄せると、立ち上がったり、前傾したり、突っ張った動作になる。

4.重心を右足に移しながら、右股関節を折り込んで、後方に引く。上体を右に回す(体と顔は40−60°方向)。

5.右肩から先に引っ張って上体を傾けてしまわないよう注意。右肩、右ひじをあげない。

6.次に、体を左に回すときは、上体を前後、左右に傾けない。臀部は内側に収め、後ろに突き出したり、左右に歪めない。

7.左虚歩は、足先をまっすぐ前に向け、足先を軽く着地させる。もしも、左足先が外側を向いたり、親指が浮いていたりしたら、臀部が右にねじれているので、直すこと。

8.左足かかとを高く上げる必要はないが、左足は突っ張らず、ゆるめて少し曲げておくこと。

9.右膝を内側に入れないで、右大腿と右足先の方向を一致させる。

10.両足間の横幅(5〜10cm程度)を保つこと。

11.両手の路線は角張らないよう注意。両腕は柔らかく張り出して保つが、左右の感覚を空け過ぎないよう注意。

 

24式太極拳:定式3白鶴亮翅 (バイフーリャンチ)の**注意事項**<太極拳実技テキストより一部省略>