5.雲掌 (ユンヂャン)

 

掌を体の前で交互に立円を描いて回します。掌が顔前又は腹前を通るときは、掌心は内向きにします。

上の掌の指先は目の高さを超えないように、下の掌の指先は股より下に下げないようにします。

両腕は肘を曲げて、弧形を保ちます。掌が顔前を通るときは少し離します。

腹前を通るときはやや近づけます。