トップページ<総合目次>に戻る                                                                                  NEXT ➡️

Thomas Henry Huxley : Darwinian Hypothesis−<1>

トーマス・ヘンリー・ハクスリー (2013-12-12). トーマス・ヘンリー・ハクスリー著作 ダーウィン仮説



英単語と熟語

第 24 講 進化論 今日のポイント 次の文章を読んで,設問に答えなさい。 Man, the chimpanzee and the gorilla are so similar that it is practically impossible to tell them apart. Absurd, you say. Gorillas are hairy giants of the forest, weighing half a ton, and chimps, though smaller, are no less hairy. As for man, he walks upright, for one thing, has a large brain, and is naked. (1)The three couldn’t be easier to distinguish. But, if you were to look only at their DNA ― the long molecule of heredity ― you would find it a hard task indeed to separate man from the chimpanzee and the gorilla. The three species share almost 99 per cent of their DNA, and on that basis, surely, they should not look nearly as different as they do. There is only just over 1 per cent difference between ourselves and a chimp or gorilla. Yet that 1 per cent accounts for all of human civilization ― art, literature and science. How can such a small difference have such major implications? This is one part of the puzzle of human origins, the search for the magic ingredient that makes us special. Common sense tells us that man, with his cities and societies, simply cannot really be so closely related to the African apes. Or can he? Until the 1980s paleontologists* argued that man has been evolving separately from the apes for at least 20 million years. That was the date favoured by most paleontologists, and although there was some

disagreement between them, with some preferring a slightly earlier date and others a later one, it is fair to say that by and large they agreed that man and the apes have been biologically separate for rather a long time.

 

Separate species mean separate evolution, and the chance for DNA to accumulate separate differences. Ignoring man for the moment, tests on every other species investigated show that the longer two species have been separated, in evolutionary terms, the more differences there are in their respective DNA. Changes in DNA occur from time to time by chance ― the accident of mutation* ― and there is a good correlation between genetic difference, measured by comparing DNA from two species, and time. For example, in all other species that have been separated for about 20 to 25 million years, such as the dog and the racoon*, this kind of test reveals accumulated differences equivalent to about 12 per cent of their DNA. (2)But man, the chimp and the gorilla, who according to the established story of human evolution were also supposed to have been separated for about 20 million years, differ by, in round terms, a mere 1 per cent. By comparison with other species, a genetic difference of this amount ought to correspond to a separation of man and the African apes from a common stock less than 4 million years ago. What is going on? Are we to assume that man is in some way a special case, so that his DNA does not obey (3)the same rules as the millions of other species that share the Earth? Or could it be that the palaeontologists might have been wrong? Perhaps man and the apes have not been evolving down separate paths for 20 million years or so, but have indeed been separate for only a fifth of that time, less than 4 million years This is still a hard idea to accept, not least for the paleontologists whose wisdom it challenges. (4)But it makes a lot more sense to assume that man is like all the other inhabitants of the Earth, and if necessary to rewrite paleontological history, than to argue that man is a special case, alone in a crowd of animals. The traditional paleontological history was based on very slender fossil evidence. Molecular studies provide new factual evidence – the most significant development in the study of evolution since Charles Darwin came up with the idea of natural selection. (5)And, to the astonishment of most non-paleontologists, and the embarrassment of the paleontologists themselves, it turns out that there are no known fossils which actually contradict the molecular evidence for mankind’s very recent origins. Treating man as a special case is a technique with a long tradition; but we are not interested in tradition, only in discovering the revelations that emerge from scientists’ new-found ability to read genes and DNA almost as easily as you are reading this page. Ultimately, the history of evolution is written not in fossils of long-dead animals but in the genetic material of species alive today, all of which share a common descent. The differences between their genes show how mutations have accumulated, and we would be foolish to ignore them in our search for the origins of man.

 

( 注 ) *paleontologists < paleontology : the study of ancient animals and plants that have been preserved in rock *mutation : a change in the genetic structure of an animal or plant that makes it different from others of the same type*racoon アライグマ [John Gribbin, The First Chimpanzee: In Search of Human Origins, Penguin Books Ltd., 2001. Reproduced with permission.]

 第 24 講 重要語彙リスト

1 practically 実質上 25 by chance 偶然 2 tell O apart O を区別する 26 correlation 相関関係 3 absurd バカな 27 equivalent 相当する 4 hairy 毛に覆われた 28 be supposed to do ~することに なっている 5 weigh 体重がある 29 comparison 比較 6 upright 直立で 30 correspond to ~に一致する 7 molecule 分子 31 stock 先祖 8 heredity 遺伝 32 assume 思い込む 9 separate 区分する 33 path 経路 10 nearly ほぼ 34 not least 特に~ 11 account for 説明する 35 make sense 賢明だ 12 implication 影響 36 inhabitant 居住者 13 puzzle 謎 37 crowd 群衆 14 ingredient 要素 38 slender 乏しい 15 common sense 常識 39 factual 実質上の 16 be related to ~に関係している 40 natural selection 自然淘汰 17 ape 類人猿 41 astonishment 驚愕 18 disagreement 意見の不一致 42 embarrassment 当惑 19 rather かなり 43 turn out ~とわかる 20 chance 可能性 44 contradict 矛盾する 21 accumulate 蓄積する 45 revelation 新事実 22 ignore 無視する 46 emerge 現れる 23 in ~ terms ~な観点で 47 gene 遺伝子 24 respective それぞれの 48 descent 血統

 

< 全訳 > 人間とチンパンジーとゴリラはとても似ているので,それらを区別することはほぼ 不可能である。(こんなことを言ったら)ばかばかしいと言われるだろう。ゴリラは 体毛の多い森の巨人であって,体重は 500 キロもあるし,チンパンジーはもっと小さ いけれども,ゴリラに劣らず体毛に覆われている。人間に関しては,1 つには直立歩 行で,脳が大きく,そして体毛がない。(1) この 3 つを区別するのは,まったくもって 簡単なことである。しかし DNA,すなわち遺伝の長い分子だけを見たとすると,実 際人間をチンパンジーやゴリラと区分するのはとても難しい作業と分かる。これら 3 つの種は,DNA のほぼ 99% を共有するが,確かにそれに基づくと,実際に見えるほ どには違っていないように見えるはずだ。人間とチンパンジー,ゴリラの違いはわず か 1% 強程度になる。しかし,その 1% が芸術,文学,科学などあらゆる人間の文明 を説明してくれる。どうやってそのようなわずかな違いがそのような大きな影響を与 えるのか。これは人類の起源の謎の一部分であり,我々を特別なものにする魔法の要 素の探究となる。常識から,さまざまな都市や社会を持つ人間が,アフリカの類人猿 とそんなに近くなるなどとは考えられないと分かる。あるいは,そんなことがありう るのだろうか。 1980 年代まで,古生物学者は,人間は少なくとも 2000 万年の間,類人猿から分 かれて,別々に進化してきたと主張していた。これは大半の古生物学者が支持する年 代であり,彼らの間に多少の意見のズレはあり,微かにもっと昔だと言う人や,もう 少し最近だと言う人もいるが,一般的に,人間と類人猿はかなり長い間生物学的に別々 であったという点では彼らの意見は一致していると言っていいだろう。別々の種と は,別々に進化したことを意味し,DNA が別々の差異を蓄積する可能性を意味する。 ひとまず人間を無視して,他のあらゆる種に対する実験によると,2 つの種が進化の 観点で,分離してから長くかかっていればいるほど,それだけ DNA の差異も大きく なることが分かっている。DNA の変化は時々偶然起こる。突然変異という偶然だ。そ Ⓒ 本サービスに関する知的財産権その他一切の権利は著作権者に帰属します。 RECRUIT HOLDINGS ─ 58 ─ また本サービスに掲載の全部または一部につき無断複製・転載を禁止します。 高 3 トップレベル英語 〜読解編〜 第 24 講 解答 して,2 つの種の DNA を比較して測定される遺伝子の差異と時間にはしっかりと相 関関係がある。例えば,約 2000 万年ないし 2500 万年前に分岐した他のあらゆる種, 例えば犬とアライグマなどは,DNA の約 12% に相当する差異が蓄積されていること がこれらの検査で判明している。(2) しかし,人間やチンパンジーやゴリラも,人間の 進化として確立した話によると,約 2000 万年前に分岐したことになるのだが,その 差異は,大まかにいって,ほんの 1% にすぎないのである。他の種と比較した場合, この量の遺伝上の違いは,人間とアフリカの類人猿が共通の祖先から分岐して 400 万 年も経っていないことに相当する。 何が起こっているのだろうか。人間は何らかの点で特殊なケースであり,結果とし て人間の DNA は (3) 地球で共に暮らす他の何百万もの種と同じ法則に従っていないと 考えるべきなのだろうか。あるいは,古生物学者が間違っていたのだろうか。たぶん, 人間と類人猿はおよそ 2000 万年もの間別々の道を進化してきたのではなく,実際に は分岐してから,そのわずか 5 分の 1,つまり 400 万年以下しか経っていないのかも しれない。 これはいまだに受け入れがたい考え方であり,自らの知恵を疑われている古生物学 者にとっては特にそうである。(4) しかし,人間は地球上の他のすべての生息者と同様 であると考える方が,そしてもし必要ならば古生物学の歴史を書き直すことの方が, 人間は特殊な例であって動物の大群の中で唯一のものだと主張することよりも,ずっ と賢明である。 伝統的な古生物の歴史はごくわずかな化石の証拠に基づいていた。分子の研究は新 しい実践的な証拠を提供してくれる。これは,チャールズ・ダーウィンが自然淘汰の 考えを発表して以来,進化の研究における最も重要な発展である。(5) そして,古生物 学者ではない人々のほとんどが驚き,古生物学者たち自身は狼狽したことだが,人間 の起源がつい最近のことであることを示す分子研究の証拠と矛盾する化石は,既知の ものの中にはないとわかった。人間を特殊な例として扱うことは,長い伝統のあるテ クニックである。しかし我々は伝統には関心がない。関心があるのは,読者がこのペー ジを読むのとほとんど同じくらい容易に,科学者が新たに手に入れた,遺伝子や DNA を読み解く能力から出てくる新事実を発見することだけである。最終的に,進化の歴 史は遠い昔に死んだ動物の化石の中にではなく,今日生きている種の遺伝物質の中に 書き込まれているのであり,そのすべては共通の系統を共有している。それらの遺伝 子間の差異は突然変異がどのように積み重ねられてきたか示すもので,それゆえ我々 は,人間の起源を探る際にそれらの差異を無視するのは愚かなことになる。

 

 

 

 


  1. There is something altogether out of the reach of science, and yet the compass of science is practically illimitable.                                           
  2. Hence it is that from time to time we are startled and perplexed by       theories which have no parallel in the contracted moral world;                 for the generalizations of science sweep on in ever-widening circles, and                       more aspiring flights, through a limitless creation.

  

  1. 科学 の 全く 手 の 届か ない もの が 存在 する とは いえ、 しかし 科学 の 範囲 は 実際 問題 として は 限り が あり ませ ん。 だから 私 たち は 時おり、 了見 の 狭い 道徳的 世界 には なんら 類似 点 の ない 理論 に 驚き 当惑 する の です。 という のは、 科学 の 一般概念 は、 限り の ない 創造 を通じて、 絶えず 範囲 を 拡げ、 より 高み へ 昇ろ う として、 あたり へと 浸透 し て いく からなの です。

NEXT ➡️   TOP➡

  1. altogether まったく,すっかり,全然,完全に;((否定語を伴い,部分否定として))まったく(…ということではない);ほとんど(…ない) 
  2. com·pass // [名] 1 コンパス,磁石,羅針盤[儀] ¶the compass points 羅針盤の32方位 ¶go by [follow] the compass 羅針盤を頼りに進む. 2 ((通例~es))((単数扱い))(製図用の)コンパス ¶a pair of compasses コンパス1丁(▶a compassともいう). 3 [U][C](地域の)境界,周囲;((通例the ~))(囲まれた)地域,空間;((形式))(取り扱うべき問題の)範囲 
  3. il·lim·it·a·ble // [形]果てしない,限りない,無限の ¶an illimitable appetite きりのない食欲.
  4. star·tle // [動](他)…をぎょっとさせる,ぎくっとさせる(⇒SHOCK11);[III[名]([副])]…をびっくりさせて[刺激して](…の状態に)させる((into,
  5. per·plexed // [形]当惑した,途方に暮れた,〈質問・言葉などが〉わかりにくい,込み入った.
  6. have no parallel in~なんら 類似 点 の ない
  7. con·tract·ed // [形] 1 〈筋肉などが〉収縮した;〈顔などを〉しかめた;〈文・語・音などが〉短縮[省略]した ¶a contracted form 縮約形(I'm, ma'amなど). 2 〈心・見解・思想などが〉偏狭な;けちな. 3 〈境遇などが〉困窮した,ひっぱくした.
  8. gen·er·al·i·za·tion,((主に英))-sa·tion / / [名][U][C] 1 一般[普遍]化;総合,概括;〔心理学〕般化 ¶a sweeping generalization 十把一からげの一般化 ¶Generalization is difficult. 一般化することは容易ではない. 2 一般概念,
  9. sweep 〈場所を〉掃除する((out));[V[名][形]]掃いて(…の状態に)する,掃く ¶sweep out one's study 書斎を掃く ¶sweep a hearth 炉辺の掃除をする ¶sweep the floor clean 床を掃いてきれいにする.
  10. ever-widening 絶えず 範囲 を 拡げ
  11. aspiring  // [形][~ A]Aをめざしている,Aたらんと欲する. as·pir·ing·ly [副]野心的に,野心に燃えながら. ⇒aspiringly