入門太極拳:4.左右倒巻肱 ズオヨウ ダオジェンゴン              

スロービデオがお勧めです ⇒ 再生中に画面右下の設定ボタンで速さを0.5に選択し、

右端の全画面ボタンで拡大します 

 

初めての方は、連続静止画像で個別の動作を確認のうえ、動画に進まれることをお勧めしますこちらから➡

スマホ・アイパッドなどモバイルにも対応しています。【https://www.t121w.com】または【動画太極拳入門24式】で検索

次に、字幕付き超スロー動画です。全画面に拡大してご覧ください。

手、腕、足、脚ともに異なる動作を要求されます。 初心者はとりあえず、足、脚の動きを覚えるようにしましょう。 

 

四回後ろに下がります。 

 

後ろに下がるのを退歩(トゥイブー)といいます。退歩(トゥイブー)の着地のやり方、足の上げ方、両足の幅などに注意しながら、左右の歩幅が一定を保つように留意してください。

 

1.体を右に回します。 右足はひざを曲げたまま立ち上がらないで保ちます。 

 

2.左足はゆるめて、ひざを前に向けた状態を保ちます。

 

3.右手を体前方から、右股関節の横を通り 右後方から上に大きく弧を描いて

 

右肩の高さにまで上げ、右手の平は斜め上に向けます 。

 

4. 左手は、右方向に大きく弧を描いていき、その後顔前で徐々に手のひらを上に返します。

 

5.目は体を右に回すにつれてまず右を見て、それから前方を見ます。      

 

6.左足を右足の内側に寄せて後方へ。左足のつま先からかかとの順に着地します。 

 

7.右腕を曲げ、右手を右耳の横から、顔の正面に向けます。 

 

8.左手は手のひらを返し、上に向けます。

  

9.右足をしっかり曲げていることで、 左足かかとを着地させたとき、左足つま先は自然に約45度外側に向きます。 

 

10.右足のかかとを回して足先を前に向けます。

 

11.右足のかかとを僅かに持ち上げる(写真ではまだです)。

 

=虚歩(シュィブー)の歩型です。一回目の終わりです。

 

左右交代に、さらに3回繰り返します。